YEG 山口商工会議所青年部

p010_011.jpg

catimg.jpg

HOME > 山口商工会議所 青年部について > 平成29年度 会長所信

山口商工会議所 青年部について

平成29年度 会長所信

 

~共に汗を流しさらに一丸となる!~

会長写真

会長 吉村柳太朗

 

 

 今年度、山口商工会議所青年部は創立40年という節目の年を迎えます。

 

現在に至るまで、我々の諸先輩方は「想い」や「夢」を実現する為に多くの会議や事業など、40年という長い年月をかけてYEG活動を重ねてこられました。

 

私自身、青年部に入会して20年という月日が流れていく中で、多くの先輩方にYEG活動を通じて出会いと学びをいただき、成長させていただいたと思います。この20年の間に我々を取り巻く環境は大きく変わりましたが、自分の中で入会以来、変わらない想いがあります。それは、共に汗を流し同じ時間を共有することが生涯の友を創ることに繋がるという想いです。

 

私たちがYEGで持つ想いや夢は、一人では実現できません。多くのことを語り合い、想いを分かち合い、夢に向かって共に目指せる仲間がいて、そして一緒になって汗を流し、支えあう友がいて初めて実現できるものです。さらに後に残る達成感や喜びは共に分かち合える仲間がいるからこそ、大きく素晴らしいものになることは、これまでの活動を通して皆が実感している事実だと思います。

 

綱領や指針など、我々がYEG活動を行っていく上で道標になるものがあります。これからの私たちは、「想い」や「夢」が詰まったこれまでの活動をしっかりと見据えた上で、40周年という節目の年を通過点としながら、道標を元にさらに積み重ねをしていかなければなりません。

 

ここ数年、山口YEGは100名を超える県下でも有数の単会となりました。言い換えれば入会と同時に100名の仲間が出来ます。しかもその100名の仲間はプロフェッショナル集団です。その仲間と共に汗を流し協力すれば色々な夢が実現できると思います。

 

今年度スローガンは

~共に汗を流しさらに一丸となる!~

にさせていただきました。

 

」とは屋根を支えるために建てる材木など建築用語に使われる言葉ですが比喩的に全体を支えるもの・たよりという意味があります。個々の会員それぞれが、家庭や会社そして青年部を含む色々な組織で柱になって、その100本を超えるである我ら若き企業家集団が共に汗を流し一丸となることで、山口を支える1本の太い太いに成長していきたいと思います。

 

今まで積み上げられたものを大切にし、これまでの活動や先輩方への「感謝」を忘れず「今」という現状をしっかりと見定め、そしてこれからの「未来」へ飛躍していくために皆様のご協力が必要となりますので、これから1年間宜しくお願い致します。